落ち穂拾い。



通常ページの掲載から漏れたやつを、適当に。下の方が新しいです。更新履歴には反映されません。


表紙へ


EF58形 旅客用電気機関車 61号機 お召機 晩年 一般運用

EF58形 旅客用電気機関車 61号機 お召機 晩年 一般運用

電気機関車の絵に掲載のものから 旗を消しただけ。

C50形 蒸気機関車 ATS装備後 動画

C50形 蒸気機関車 ATS装備後 動画

最初に製作した動画。蒸機を描く場合、反対側のロッド等を検証するために 最低でも2コマの絵で様子を見るのですが、ついでに4コマ描いて動画化したもの。

C50形 蒸気機関車 ATS装備後 小山機関区 動画

C50形 蒸気機関車 小山機関区 動画

これは 描いた当時から蒸気機関車の絵に 特別に展示していたもの。

C50形 蒸気機関車 ATS装備前 常磐線 平機関区 後進 動画

C50形 蒸気機関車 ATS装備前 常磐線 平機関区 後進 動画

そもそもC50形は、浪江森林鉄道の しげさんのリクエストによって描いたもの。
その平機関区仕様を差し上げたのですが、これはその動画バージョン。常磐線では炭鉱専用線の都合で後進運転がよく見られたようなので、それをイメージしました。

チ1000形 長物車+GMS型 気象観測衛星 ひまわり

チ1000形 長物車+GMS型 気象観測衛星 ひまわり

人工衛星は非常に高価でデリケートな積荷であるため、貨車に積載する場合の運転は、白手袋をはめての手押し入換に限定されています。ウソです。

海上自衛隊 ひゅうが型ヘリコプター護衛艦 DDH181 ひゅうが 非公式側+SH-60K(1ドット100mm。) 動画

海上自衛隊 ひゅうが型ヘリコプター護衛艦 DDH181 ひゅうが 非公式側+SH-60K(1ドット100mm。) 動画

ただでさえ重たい絵なのに、贅沢に6コマも使用。50キロバイトもあります。

海上自衛隊 SH-60K+ヘルファイア 飛行動画

海上自衛隊 SH-60K+ヘルファイア 飛行動画

飛ばしました。

D51 下廻り作画途中

D51 なめくじ前進 動輪 作画途中D51 なめくじ中立 動輪 作画途中D51 なめくじ後進 動輪 作画途中

D51 標準前進 動輪 作画途中D51 標準中立 動輪 作画途中D51 標準後進 動輪 作画途中

D51 火室廻り 作画途中

C50で味をしめて、D51では当初から動画化を目論んでいたら、調子に乗って前進・中立・後進のバリエーションまで作画。
キャブ下は さまざまな配管パターンがあるため、切り出して別個に作画。

D51形 蒸気機関車 標準形 ATS装備 動画

D51形 蒸気機関車 標準形 ATS装備 動画

4コマでボックス動輪の動きを再現すると、常に向こうが透けている部分ができて不自然なので、表現に苦心しました。

ナロ10700形 二等客車

ナロ10700形 二等客車

貨車の絵 その4に展示の 列車砲の試運転編成を再現するためだけに、特別あつらえした中形客車。
系列内の他の形式を描いてないので、今まで単品展示してませんでした。

ナロフ11230形 二等緩急客車

ナロフ11230形 二等緩急客車 非公式側

これも 列車砲の試運転編成を再現するためだけに、特別あつらえした中形客車。しかも非公式側のみ。

オハフ34000形 三等緩急客車 前期 赤帯

オハフ34000形 三等緩急客車 前期 赤帯

列車砲の試運転編成を再現するために、客車の絵に展示のものに微修正を加えたもの。「客車の絵」展示のものと 赤帯の中のIII標記の位置が違います。貫通幌も片側閉じ。
なお、この他に列車砲関連ではC50形 蒸気機関車の戦前仕様と、ワフ600形 有蓋緩急車の別バージョンも描きましたが、それらは各絵のコーナーに常設展示しました。

九州鉄道 154形 蒸気機関車 原形 動画

九州鉄道 154形 蒸気機関車 原形 動画

速いよ。

154形 蒸気機関車 牽引の九州鉄道の炭車列車。 動画

154形 蒸気機関車 牽引の九州鉄道の炭車列車。 動画

そもそも、九州鉄道 154形は、九州炭車に ふさわしい牽引機が欲しくて描いたもの。ついでに動画化。制動手が炭車に乗ってないけど・・・。
私は同一タイプの車両の絵を描く場合、なるべく車輪のスポークのパターンは複数用意して描いているので、貨車とか簡単に動画化できるはず。
その場合、前後の車輪の動きを不揃いにする事で、より自然な動きになります。

九州鉄道 154形 蒸気機関車 原形 色々

九州鉄道 154形 蒸気機関車 原形 色々

古典機はやっぱりカラフルにしたいよね♪
と、塗ってみたものの、アメロコには全然似合いませんでしたとさ。
せめてボイラー外被まで塗ればいいんだけど、それだとアメロコ自慢の酸化被膜「ロシアンブルー」が再現できない・・・。

8550形 蒸気機関車 空気ブレーキ装備 晩年 動画

8550形 蒸気機関車 空気ブレーキ装備 晩年 動画

九州鉄道 154形を調べたら、沢山作られて活躍場所も広かった事を知り、嬉しくなって やかん を装備。

EF16形 電気機関車 福米形(奥羽形) 動画

EF16形 電気機関車 福米形(奥羽形) 動画


上越国境 EF16+EF15 動画

上越国境 EF16+EF15 動画


EF15形 電気機関車 動画

EF15形 電気機関車 動画


EF15 作画工程

EF15 作画工程

複雑な絵を描く場合は、どこを塗っているのか分からなくなりやすいため、製作途中で何度も保存を掛けます。
ファイル名は「EF16 22川崎車体エア大とちう7」とか。
EF15でこのありさま。そしてそれが蒸気機関車の場合、膨大な枚数となります。

タキ65000形 65t積 ガソリンタンク車

タキ65000形 65t積 ガソリンタンク車

幻のタキ65000形の想像図。この車で組成されたタンカー列車が見たかった。

ブタさん 積載検証用

ブタさん 積載検証用

豚は放し積みなので色々なポーズを描く必要があり、また、品種によってサイズも様々なので、テキトーに描いて、この絵から切り抜いて、空車状態の絵に適当にペーストして仕上げてます。

住友セメント 栃木工場 唐沢鉱山 3t鉱車編成

住友セメント 栃木工場 唐沢鉱山 3t鉱車編成

唐沢鉱山 3t鉱車正規の 鉱車22両編成。

フワ30000形改造車 雛形

フワ30000形改造車 雛形

有蓋車(手用制動機付)の主力たるフワ30000形は、役目を終えると色んな貨車に改造されたが、その改造車を描くにあたって各絵の統一感を出すために、仮に一般有蓋車然とした姿を描いたもの。
この絵から各改造形式を描き上げてます。

クモハネ582+クモハネ583

クモハネ582+クモハネ583

宇田さんから583系を頂いた時に、嬉しくなってイタズラしたやつ。

C12形/C56形蒸気機関車 動画(前進)

C12形 蒸気機関車 戦前 動画(前進) C56形 蒸気機関車 戦前 動画(前進)

C12形 蒸気機関車 ATS装備 動画(前進) C56形 蒸気機関車 ATS装備 動画(前進)

C56形 蒸気機関車 集煙装置装備 動画(前進)

C12形 蒸気機関車 足尾線 動画(前進) C12形 蒸気機関車 日之影線 動画(前進)

高原野菜列車


C12形/C56形蒸気機関車 動画(後進)

C12形 蒸気機関車 戦前 動画(後進) C56形 蒸気機関車 戦前 動画(後進)

C12形 蒸気機関車 日之影線 動画(後進)

足尾線上り貨物列車

足尾線の上り(山を下る方)の貨物列車はバック運転。

D51形 蒸気機関車 戦前〜昭和20年代仕様のバリエーション。

D51形 蒸気機関車 なめくじ 戦前D51形 蒸気機関車 なめくじ 戦前D51形 蒸気機関車 標準形 戦前D51形 蒸気機関車 標準形 戦前

バリエーションと言っても、空気作用管の取りまわしの違いだけですが、蒸気機関車の絵に掲載のものの他に 色んなタイプがあります。
空気作用管は、機関車新製時はボーラーケーシングの中に収められているようですが、整備しづらいので次第に外に配管するようになったようです。
後年は みなさん御存じのように ボイラー中腹に綺麗にまとめられてますね。

戦前〜昭和20年代仕様の蒸気機関車を描く場合は、ないねん出版の「終戦直後の蒸気機関車」という写真集を愛用しています。
写真を見ると色んな事に気付かされますが、たとえばイラスト集の「1号機関車からC63まで」に描かれた絵は各々新製時の機関車が描かれているようですが、それに描かれていない泥溜とかは 戦前にはもう装備していたようですね。
また、細かいところでは換算表記も戦前から書かれているようです。

西武鉄道 E21形 電気機関車

西武鉄道 E21形 電気機関車 ローズピンク

電気機関車の絵のものと ちょい違い。
ローズピンクでATSや列車無線を装備する前。

ト24000形の制動機構を検証した際の絵。

ト24000形 基礎ブレーキ装置

トム5000形一党を描くにあたって、ト24000形時代の基礎ブレーキ装置が 特殊で ややこしいので検証した。
特殊と言っても、2軸車の真空ブレーキ装置の機構を反転したような形だ。
ト24000形は大正6年〜12年(1917〜1923年)製造で、国鉄の空気ブレーキ導入方針が決定したのが大正8年(1919年)だから、ト24000形の設計段階で将来の真空ブレーキ化を考慮していたのだろうか?
それとも単に、制輪子を片押し式から両抱き式へ強化するために、採用された機構なのだろうか?
なお、このブレーキ機構は絵で言うと左側が引棒、右側が押棒の ちゃんぽんで、まだ発展途中のもの。
こののち、2軸貨車は空気ブレーキ引棒式両抱き式(側ブレーキ押し棒1軸両抱き作用)を経て、空気ブレーキ引棒式両抱き式(側ブレーキ引棒式1軸両抱き作用)に発展している。

あと、全然関係ない事だけど、日本の国鉄は 大正9年(1920年)5月に鉄道院から鉄道省に昇格。昭和18年(1943年)11月に通信省と統合して運輸通信省になって、昭和20年(1945年)5月に通信院を分離して運輸省に、そっから昭和24年(1949年)6月に運営分離して日本国有鉄道になっています。
そのため、書物やサイトの記述によっては鉄道省時代の国鉄の表現で、「国鉄(正確には鉄道省)」とか「国有鉄道」とか書かれたりしますが、実は戦前の鉄道省製作の書籍や記録映画等で「国鉄」の略称は既に使われています。鉄道省みずから「国鉄は・・・。」って言っています。
だから 少なくとも鉄道省以降は全部「国鉄」で いいんじゃないかなぁ。鉄道院以前は「官鉄」で。いちいち「国有鉄道」って書かれると非常に読みにくいし。

固定観念というものは恐ろしいものです。
例えば、戦前の横書き日本語は右から書くと思い込んでいる人もいますね。
正確には日本語は縦書き(右上から)で、まれに横書きする場合に縦書き文字に合わせて右から書く事が多かっただけです。
外国の技術によった鉄道の場合は、部内向けは左横書き、一般向けは右横書きと 混用されています。他の業界でも同じこと。

ED210形 電気機関車

ED210形 電気機関車


井川線 運材列車

井川線 運材列車

少し短めの編成にしておきましたが、それでも貫禄充分。

西武鉄道 ワフ101形の色検証。

西武鉄道 ワフ101 色検証

左から、まず、記憶(実物ではなく、過去に見た写真の記憶。)を頼りに、あり合わせの色で塗装。
市販の模型や、模型作例をネットで見ると、青20号っぽいから、EF210を描いた時に作った色で塗装。
それではどうも彩度が強すぎるので、結局新色を調色。
鉄道雑誌の写真を発掘したが、やはり水色。ただ、退色(実物&写真)の疑いが濃いので、↑のいちばん左と3番目の色を足して2で割った色を調色。安直だが有効なワザ。
でも、別のカラー写真を見つけて、結局左端と同じ色に(笑)。ついでに細部も修正。

名古屋鉄道 デキ400形 電気機関車 ステンレス車体

名古屋鉄道 デキ400形 電気機関車 ステンレス車体

名鉄デキ400形は、日本の車両スタイルブックで原形の2個パンタの姿が見れるが、片パンより断然カッコイイ。
そして、何となくクロームメタルで塗ったら さらにカッコ良くなるんじゃないかと思って、塗ってみた。
各部仕様は1970年代だけど、うん。カッコイイ。
末期のデキ400は、更新工事で 正直言って おもちゃっぽくなってしまったのが残念。

秩父鉄道 ヲキ編成

秩父鉄道 ヲキ編成

秩父鉄道名物、ヲキ20両フル編成の1000t列車。
左が三ヶ尻方で、デキ300に牽かせてみました。ヲキを描いた以上 再現してやらないと。

関東鉄道 常総線 DD502カモレ 動画

関東鉄道 常総線 DD502カモレ 動画

DD502のカモレ。
ロッドを しゃかしゃか。基本的に前後台車のロッドの位相は揃えていたみたい。

コキ9300形 コンテナ車(200%拡大)

コキ9300形 コンテナ車 非公式側 空車(200%拡大)コキ9300形 コンテナ車 公式側 積車(200%拡大)

貨車の絵 その5に コキ9300形を折角描いたものの細部が良く見えないので、拡大してみた。
1ドット25mmの大きさとは言えるが、通常サイズの1ドット50mmの絵を 参考に200%拡大しただけである。なお、通常の作画作業は 700%拡大で行っている。

コキ9300形は 詳細が公表されておらず、折角なので色々書きたいけど、ただ あまり技術的な事を本頁で書くのも何なので、こちらに記録しときませう。
まず、TR902台車。
軸受の鞍の仕組みや 縦横ダンパの組み合わせなど どちらかというとFT1台車に近い事が分かった。
FT1台車の開発ではTR223を発展させたといわれているが、その間にTR902の経験が生かされているようだ。
当初この台車は先行してタキ55000形式に装着して試験をしたようで、その際 曲線での横圧の高さが問題となり、コキ9300形に装着のものは実はTR902(改)というようだ。
斜めダンパの取付座などは、タキ55000形式で試験をやった時にボツになったものが そのまま残置された事による。
公式写真と形式図では台車の仕様が違うので注意。実際の試験は公式写真を撮影してから行っただろうから、絵は形式図を元に描いた。

端梁廻りでは、なぜか密着式自動連結器を採用してて 車端床下に胴受梁が目立つ。試験の要請によっては 電気連結器の装備も視野に入れたものなのだろう。
地上装置からの制御電力供給はジャンパ栓に依るがシャンパ線は無く1,4位に栓受のみ装備。
緊締装置動作用配管の肘コックは、何となく赤に色分けして描いた。
2,17位のツイスト式緊締装置の手動昇降用ハンドルは、装備の困難ゆえか設計が違うようだ。

公式側の写真は残されていないが、図面を見る機会に恵まれたので 再現したつもり。ただ細部まで すべてを熟読するのは大変なので、てきとーに推測で描いた部分もある。

そんな感じで、もし、当初の目論見通り 太平洋ベルト地帯での海上コンテナ輸送需要を創造できたとしたら、緊締装置を通常タイプにして 5t緊締装置を追加した61t級コンテナ車なら実現していたかもしれない。
現代でも 時代の要請によっては3軸高速台車が実現する可能性はある。EH級電気機関車が復活したように・・・。

陸上自衛隊 資材運搬車(200%拡大)

陸上自衛隊 資材運搬車 未塗装(200%拡大) 陸上自衛隊 資材運搬車(200%拡大)

これも2倍。
元がすごく小さいネタなので、作画は800%拡大で した。
参考に 未塗装のものも掲載。

タキ1200-1号車

タキ1200-1号車 公式側

タキ1200の量産先行車の1号車と、量産車の2号車以降の外観は些細な違いしかない。
具体的には臨時常備駅表示板と、タンクハシゴ上部の処理の仕方だ。


伊勢崎操車場入口

表紙へ