トリマ-[集塵対策]

工程 写真 内容




2005/10/01
 今回は、トリマの集塵対策です。トリマは、とても便利で愛用していますが、先回のテーブルソーに劣らず木屑を大量に撒き散らす道具です。愛用しているだけに気持ちよく使いたいものです。
左写真のアクリル透明のガイド部にパックリと側面に口が開いています。切削を行うと、この口から大量に木屑が飛び出します。この口に集塵の受けを取り付けます。







 いろいろ考えた末、材料はペットボトルに落ち着きました。他の方もペットボトルで作成しているようでした。ペットボトルのよいところは入手が容易でそれなりの強度があり、透明であることです。切削時にビットが見えないのは不安です。
 このトリマのサイズに合うのは、アイスコーヒー用の900mlペットボトルでした。写真のようにトリマ形状に合わせてカッターとハサミで加工しました。とっても簡単です。












 トリマにマジックテープでペットボトル集塵器を取り付けました。ペットボトル側に粘着付きのマジックテープ(白)で貼り付け、マジックテープ(黒)のベルトでトリマにきつく巻いて留めます。
マジックテープだと簡単に取り外しできるので、ビットの交換やビットの刃長調整に支障ありません。Goodです。
懸念されるのは、マジックテープに木屑が入り込み接着力が落ちてしまわないかということぐらいでしょうか。



 このペットボトルにホースを取り付けますが、ホースの脱着が容易なようにペットボトルのキャップも利用することにしまいた。キャップに穴をあけて、取り付けます。












 次にホースですが、掃除機のホースでは柔軟性が低く重量も重いのでトリマの取り回しに支障があります。そこで、排水用のホースを使うことにしました。軽く柔軟性があるのと掃除機と同じ程度の口径があり、掃除機のホースとの接続性もよさそうです。
 写真のホースの先に取り付けたのは、フィルムケースです。フィルムケースの底を切って、筒にしてホースに差し込みました。実にフィルムケースのサイズバランスがよく、ホースにはきつくはめ込め簡単には抜けません。













 さらに、ペットボトルのキャップともぴったりはまります。こちらも簡単には抜けません。大発見です!
これは、今後の集塵システムにも活用できそうな予感がします。









 排水用ホースの反対側には、継ぎ手(市販品)を差し込みました。ここで簡単に考えると、この接ぎ手でペットボトルのキャップがはまるのでは?と思われる方もいるかと思いますが、残念ながら接ぎ手の厚みがありすぎてはまりません。








 完成したトリマ集塵システムです。黒い部分は掃除機に付属の継ぎ手です。これが上記の排水用ホースの接ぎ手とジャストフィットです。あとは、テーブルソーと同様に掃除機のホース口に取り付ければよいだけです。
 専用品みたいでしょう!
Copyright(c) 2005,M Ueno,All right reserved.

                       

トリマ-集塵対策